ホームページ作成の基礎知識

HTMLファイルを作って基本的なコンテンツを作成

ホームページを作成するには、HTMLという言語を用いてコンテンツの骨格を作成する必要があります。HTMLでできることは、見出しの設定をしたりテキストの段落を作ったりすることのみならず、リンクの作成や画像の挿入なども含みます。ホームページの見た目を気にしない場合、HTMLのみでコンテンツができるといえます。HTMLファイルは、PCに標準搭載されているメモ帳のみで作ることが可能ですが、多くの人はテキストエディタを用います。また、Webで公開する前にホームページをブラウザで確認することができ、管理者ツールを用いてHTMLの記述がどう反映されているかを調べることもできます。大事なのは、HTMLがホームページで提供するコンテンツの骨格となるということです。

CSSでホームページのデザインを

ホームページの骨格部分がHTMLならば、デザイン部分はCSSというスタイルシートの言語が重要になります。CSSは、HTMLと同じファイルに記載することもできますが、一般的には別ファイルにCSSを記載しHTMLファイルとリンクさせます。CSSでできることは、文字の色や大きさのデザインや背景の色の設定などですが、その他にも機能はたくさんあります。例えば、カラムを2段以上にしたり、余白の設定などをしたりすることです。特に、floatを使ってカラムを2段以上にできたら、CSSの初心者は卒業だといえるレベルになります。CSSでデザインされたページは見やすくオシャレなものとなっているため、Webの訪問者からも好印象のホームページが作れます。

ホームページ制作の見積もりをもらう時のポイントはメールで問い合わせをしたり電話してイメージを伝えることでより詳細な見積もりとなります。

© Copyright Make A Website. All Rights Reserved.