教えて!ホームページ作成の基本

ホームページ作りの基礎はHTML

ホームページ作りはプログラミングのようで難しそう、そんな風に思う人もいるかもしれません。ですがホームページを構成するHTMLは厳密にはプログラミング言語とは違い、マークアップ言語と言います。プログラミングのようにややこしい計算や関数等を使う必要はありませんし、専用のソフトを用意する必要もありません。HTMLは基本的にPCに元から入っているメモ帳等で作成できるのです。ホームページを構成するには載せたい情報を「タグ」と言う言語で挟み込み配置していきます。これさえマスターしてしまえば後は同じ事の繰り返しなので、最初が肝心なだけです。使用する画像等も最近ではストックフォトで簡単に調達できますし、載せたい内容をしっかり考えれば簡単に作る事ができます。

ホームページ作りを効率化するCSS

ホームページ作りは基本的にHTMLのみで作成する事ができますが、画像をオシャレに配置したり同じ効果を複数ページに反映したい場合はCSSが役立ちます。CSSとはホームページのデザインを効率的に設定する事ができる言語です。例えば複数のページに同じ背景画像を設定したい場合、一つのCSSファイル内で設定をしてこのファイルを各ページで呼び出せばすぐに反映する事ができます。また設定は一つのファイルで行っているので、「画像を変更したい」とか「画像の位置を変えたい」と言った場合にも一箇所修正するだけで全てのページに反映させる事ができるのです。この他にもCSSはフォントや背景の色を変えたり、フォントサイズ等も簡単に調整する事ができます。更に学べばHTML内の構成もCSSで簡単に管理する事ができます。

HP制作の「HP」はホームページの略なので、実際は「ホームページ制作」という意味になります。その他、web制作やサイト制作と略す場合もあります。

© Copyright Make A Website. All Rights Reserved.